狭小住宅ってどんな家

集合住宅もいいけれど、やはり自由設計の利く戸建住宅に住みたいと考える人が増えています。
個性が重んじられる時代です。画一化された集合住宅に少し息苦しさを感じているという人もいるのではないでしょうか。
さて、戸建を購入したいと思ったところで、気になるのが懐具合です。この先の暮らしを考えるとそんな余裕はないと端から諦めている人もいることでしょう。そのようなあなたは、狭小住宅(きょうしょうじゅうたく)という言葉を聞いたことがないでしょうか。これはその言葉通りに狭小な土地に建てられた狭小な住宅のことを指します。現在、地価の高い都心部において、そのような狭小な土地への人気が上昇しています。
狭小な土地は面積が小さい上に変形地であることが多く、また、その用途も限定されることから、通常の土地に比べて地価が安くなっています。そのため、人気の都心に安く家を建てられるというので、一時ブームともなりました。
今では大手住宅メーカーも参入しています。狭小住宅のメリットは単に安いということだけではありません。狭い面積を有効活用するという点において、様々な建築の工夫ができるのも魅力のひとつです。ある程度の広い土地がなければ住宅は建てられないと思いこんでいたのは昔のことで、狭小住宅に興味を持つ人の中には、住宅や建築に興味のある人や、プロの建築家がいることから分かるように、ここぞ腕の見せ所というわけです。
しかしながら、様々な工夫をするあまり、建築コストが割高になるというケースも多く見られます。使う建材を工夫するなどして安く行う方法もありますので、無理せずに自分自身に合った方法で、まずは狭小住宅について色々と調べてみてはいかがでしょうか。

Copyright © 2014 狭小住宅の魅力を教えます All Rights Reserved.